TEL:0744-42-0120

〒633-0091 奈良県桜井市桜井721-5

奈良 桜井 一般皮膚科 美容皮膚科 ケミカルピーリング アトピー性皮膚炎 ニキビ

Mobile Site

携帯サイトは左のQRコードから!!

紫外線治療

紫外線治療とは

紫外線が皮膚に当たると、日焼けを起こしたり、赤くなったり、シミやシワができやすくなったりすることはご存知のことと思います。これは、紫外線が皮膚を構成する細胞の中のDNAに影響を与えたりして、細胞の状態やはたらきに障害や変化を与えたりするためです。

この性質を皮膚病の治療に応用したものが、紫外線治療です。
紫外線は、その波長によって、UVA、UVB、UVCに分類されます。太陽光線には通常UVAとUVBが含まれているのですが、治療に用いる場合は、特定の波長域の光線のみを発生するランプを用います。

当院の紫外線治療器は、UVAとナローバンドUVBを照射することができます。
なお、本療法は健康保険の適応です。

どのような病気に使えるの?

乾癬・掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)・尋常性白斑(しろなまず)・アトピー性皮膚炎・円形脱毛症・痒疹(ようしん)などに効果が期待できます。

PUVA療法

従来から行われてきた紫外線治療の代表的な方法です。
UVAは皮膚の深くまで効果を及ぼすのですが、エネルギーが弱いので、その効果を高めるためにソラレン(psoralen)という物質をあらかじめ皮膚に作用させておいて光線を照射します。当院では、ソラレンを患部に外用する外用PUVA療法を行っています。上に挙げたいずれの病気にも効果があり、概ね患部のみに作用させることができる長所があるのですが、過剰照射による日焼け、長期の使用による発がん性などのリスクもあります。

ナローバンドUVB療法

近年開発された新しい方法です。UVBのなかでも乾癬の治療に特に効果があるとされている波長のみを照射する方法です。安全性においてPUVA療法よりも優れた方法です。当初は乾癬に対してのみ試みられていましたが、尋常性白斑・アトピー性皮膚炎などの病気に対しての有効性も報告されてきています。

page topへ戻る